医療法人社団慶神会 武田病院

> 入院施設案内

精神科 受付時間

月~土曜日
午前9時~11時

  • 初診ご希望の方は事前にお電話下さい。
    直接お越し頂いた場合でも空きがあれば受診可能です。
    他院で既に診療をお受けの方はなるべく紹介状(診療情報提供書)をお持ち下さい。
    一部午後もあります。
  • 再診は、午後は予約のみになります。

内科 受付時間

午前診療

月・火・木・金
午前9時~11時半

午後診療

火・木曜日 午後1時~4時

武田病院

〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸3193
TEL:044-911-4050
FAX:044-934-0521
(詳しいアクセス方法を見る)

入院施設案内

入院施設紹介

当院では、統合失調症、うつ病、そううつ病等の治療はもちろん、メンタルヘルスの諸問題について専門家と内科医のチームが適切に対応致します。

ストレスのある環境から一時的に離れることによって、ゆったりと心身のリフレッシュを図れるように様々な形での配慮を行い、ストレス病の予防、精神的な健康の増進といった目的のためにも、お気軽にご利用頂けるよう体制を整えています。

当院の入院病棟は3病棟編成で、1病棟あたりの病床数が28床から42床と日本の平均的精神病棟の病床数(50から60床)よりも少ないという特徴があります。このため、患者様の状態や病院内での対人関係も把握しやすく、スタッフとのコミュミケーションもとりやすいというメリットがあります。心の問題を抱え、苦しんでいる方は、不安が強いことが多く、この環境は、その不安を鎮める何よりの心の処方箋となります。

病棟の病室は、ゆったり療養できるスペースを確保し、病室の各ベッドはカーテンで仕切られており、個室でなくともプライベートが保てるようになっております。

1病棟(社会復帰病棟:38床 開放)

心の問題・心の病気一般の治療を行います。

急性期の治療が一段落した後に、継続して残る症状の軽快と、リハビリテーションの一貫として、就労先や今後利用できる社会資源への見学外出など活動性の向上を目指します。

社会機能の向上を目指し、薬物療法やリハビリテーションなどの種々の治療を行う病棟です。
(写真は撮影のためカーテンを外しています)

2病棟(精神療養病棟:42床 閉鎖)

社会・家庭生活における活動レベルの向上を目指し、ゆったりとしたスペースのもと、主にリハビリテーションを中心とした治療を行う病棟です。

今後の生活や退院目標についても、個別に担当者が相談させて頂く体制を整えています。
(写真は撮影のためカーテンを外しております)

3病棟北(精神科急性期治療病棟:32床 閉鎖)

パニック状態や混乱状態にある方で医療的な保護を必要とする方や自分自身で感情や行動のコントロールが難しい方を主に治療する病棟です。

きちんと構造化された保護的な環境設定のもとで、少しずつご自分自身の判断力、統制力を取り戻して頂くことを目的としています。

病室は食堂・デイルーム・廊下等ゆとりのスペースを確保し、各々の方がゆっくり過ごせるような空間になっております。

3病棟南(ストレスケア対応病棟:28床 開放)

うつ病・ストレスによる心身の衰弱・パニック障害を含めた様々な心の問題・病気に対する評価及び治療を行います。短期の緊急避難的休息入院から、一定期間の入院による生活力の向上を目的とする入院など、様々な患者さんのニーズに対応しています。

個室・2人部屋・4人部屋から構成される病棟です。日差しが差し込むテラスもあり、比較的ゆったりしたスペースで療養して頂けます。

治療としては、十分な休息や薬物療法以外に医師による個人面接、レクリエーション、集団精神療法や作業療法、疾患別心理教育プログラムを行っており、これらを総合的に組み立てていきます。その中で自分自身の性格・問題を振り返り、その後の生活方針を考えるお手伝いをしていきます。

作業療法室

集中力の向上や各種作業プログラムを行うことにより、その瞬間の自分自身の感覚に気づき、否定的や怒りなどの偏った反すう思考から離れる練習にもなります。

入院後、少し落ち着いた段階で参加開始となります。多くの方が参加される入院中の主要なプログラムです。

作業療法室の詳細を見る

▲先頭へ戻る

このページをメニューなしでプリントする

〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸3193
 TEL:044-911-4050 / FAX:044-934-0521 
医療法人社団慶神会「武田病院」

Copyright Takeda Hospital. All Rights Reserved.