医療法人社団慶神会 武田病院

> お薬との上手なつきあい方

精神科 受付時間

月~土曜日
午前9時~11時

  • 初診ご希望の方は事前にお電話下さい。
    (事前の電話受付 9:00~17:00)
    直接お越し頂いた場合でも空きがあれば受診可能です。
    他院で既に診療をお受けの方はなるべく紹介状(診療情報提供書)をお持ち下さい。
    一部午後もあります。
  • 再診は、午後は予約のみになります。

内科 受付時間

午前診療

月・火・木・金
午前9時~11時半

午後診療

火・木曜日 午後1時~4時

武田病院

〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸3193
TEL:044-911-4050
FAX:044-934-0521
(詳しいアクセス方法を見る)

お薬との上手なつきあい方

今回のテーマは、『お薬との上手なつきあい方』です。

お薬との上手なつきあい方

今回は個々の精神科薬の話ではなく、精神科で処方されるお薬といかに上手に付き合っていくかというテーマです。日ごろお薬に関して当院に寄せられる質問なども踏まえてまとめてみましたので参考になさって下さい。

どうしてお薬が必要なんですか?

精神科の病気は誰にでも起こりうるものです。私たちの脳の中ではたくさんの種類の神経伝達物質が情報のやり取りをしていますが、その情報伝達物質のバランスが崩れると感情や思考が変化し、生活に支障をきたすことになります。ですから、薬の服用などの薬物療法により情報伝達物質のバランスを整えることが必要となってきます。

この薬物療法により

  1. 症状が和らぎ、気持ちが楽になります。
  2. 精神療法・心理療法・認知行動療法・SST(生活技能訓練)などの心理社会的治療をスムーズに導入することができます。
  3. 病気の再発予防効果が期待できます。

いつまで飲めばいいのですか?

薬の使用目的によって違います。

長期管理薬
脳内情報伝達物質のバランスの維持や再発予防の目的で処方されている薬は、糖尿病や高血圧の薬と同じように症状をコントロールするために継続して薬を服用する必要があります。再発すると症状が重くなり、より多くの薬を必要になることがあります。 症状の安定と再発予防のためにも、医師がもう飲まなくて良いと判断するまで服薬を続けて下さい。
対症療法薬
不安や不眠を改善する薬は、自分なりの解消方法を見つけることができれば減らすことができます。ただし、急に中止すると離脱症状でイライラしたり不眠になったりすることもあります。ですから、良くなったと思われても自己判断でお薬を止めないで医師に相談して下さい。

薬の保管方法

直射日光や高温、湿気を避けて保管してください。冷蔵庫に入れる必要はありません。

薬を正しく使うコツ

誰でもお薬を好きで飲んでいるわけではありません。近視の人が眼鏡を使ったり、足の不自由な人が杖を使うのと同じで、日常生活をしやすくするために上手にお薬を使いましょう。

  1. 必要以上に怖がらないでください
    お薬を飲むうえで不安や心配なことはいろいろあると思います。ですから、気になることは主治医に伝えましょう。対処法や治療計画も確認しておくとよいでしょう。
  2. 薬に頼りきらない・期待しすぎないでください
    残念ながら薬物療法だけですべての症状を解消できるとは限りません。薬で症状を完全に取り除こうとすると、薬の量が増えて副作用や依存で悩まされることがあります。他の解消方法も考えてみましょう。薬で完全に症状が消えなくても、自分らしく生活できることが大切です。他の解決法も取り入れましょう。

こんなときはどうしたら良いですか?

薬を飲み忘れたときは?

気付いたときに1回分だけ服用しましょう。しかし、次の服用時間に近いときは忘れた分は飲まないこと。1度に2回分飲まないように。どちらを飲んだらいいか分からないときは薬剤師にご相談ください。

食事をしていないときはどうするの?

食事をしなくても、必ず薬は飲みましょう。但し、糖尿病薬の場合は必ず食事をとることが必要です。1日3回の薬は4時間、1日2回の薬は5時間以上時間を空けてください。夏になると汗をかいて水分が不足すると体力が落ちて副作用が出やすくなるので水分を摂るようにしましょう。

かぜ薬や鎮痛剤は一緒に飲んでもいいの?

かぜ薬や鼻炎薬は、より眠気が強くなることがあり ますが基本的には問題ありません。ただし、炭酸リチウムが処方されていて鎮痛剤やかぜ薬を常用している方は主治医にお知らせください。

薬は水で飲むの?

基本は水です。牛乳では薬が吸収されにくくなることがあります。特に、便秘薬や鎮痛剤で胃炎を起こしやすい人はコップ1杯くらいの水で飲みましょう。

嗜好品との相互作用

お酒
薬もアルコールも肝臓で代謝されます。眠気やふらつきが強くなることがあるので、避けた方が良いでしょう。
たばこ
抗精神病薬によっては血中濃度が低下し、期待した効果が得られず、治療上必要な薬の量が増えてしまうことがあります。
コーヒー
カフェインは脳を興奮させるので薬の効果が減弱します。飲みすぎに注意しましょう。

服薬を自己調節したらだめですか?

  1. 必要な薬は必ず飲む
  2. 不必要な薬は減薬・中止

これが基本です。しかし、その判断は患者さんと主治医で相談の上で決められます。自分の判断で薬の量を増やしたり減らしたり調節しないようにしましょう。

医師は、患者さんが処方どおり服薬していることを前提に次の処方を考えています。自己調節をしてしまっている方は、なぜ調節しているか医師にお伝えください。言いにくい場合もあるかもしれませんが、医師に正しく伝えて頂くことで、副作用も少なく、より患者さんに適した処方にすることができます。

頓服薬は、医師に「1日何回まで使用してよいか」を確認しておいて下さい。多く飲みすぎると、依存や離脱症状が出ることがあります。

副作用が出やすいのは

  1. 睡眠不足、ストレス過多、食事・水分摂取不足
    夏になり暑くなると、寝苦しくなったり、食欲が落ちたりします。特に水分補給に気をつけましょう。
  2. 薬の処方が変わったとき(一時的なことが多い)
    お薬を変えたり減らすことにより一時的に症状悪化することもあります。あせらずに1週間ほど様子をみましょう。落ち着かない、不安感が強い、じっとしていられないなど、副作用かな?と思われるようなことが起こったら、まず医師に相談してください。治療効果と副作用の強さで判断し、次のような手段を講じます。
    • 薬を減量もしくは中止する
    • ほかの薬に切り替える
    • 副作用止めを追加する
    • 一時的なものか様子を見る

お薬の効果・副作用はすべて自覚できるとは限りません。ですから、時には血液や尿の検査が必要です。また、ご自身では効果が自覚できなくても、ご家族や周りの人が変化に気づくこともあります。ご家族や周りの人・医療スタッフの声も聞いてみてください。

主治医との信頼関係

お薬は不安やストレスを和らげるために処方されています。でも、そのお薬に不安や疑問を持っていると効果が半減してしまいます。症状がとれない、副作用がある(強すぎる)、生活パターンに合わないなど、処方への不満がある時は主治医に相談してください。

主治医に自分の状態をうまく説明できないという時は、薬剤師や看護師などスタッフに相談してください。どのように言えば伝わるかなどアドバイスができます。

リーフレットの活用

当院では、玄関右側受付前に各種の病気ついてのリーフレットを設置しています。病気や薬、ストレスや症状の対処の仕方など、知識や理解を深めることにより、より自分らしく生きる手助けになれば幸いです。

 Tタイムの一覧ページへ戻る

▲先頭へ戻る

このページをメニューなしでプリントする

〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸3193
 TEL:044-911-4050 / FAX:044-934-0521 
医療法人社団慶神会「武田病院」

Copyright Takeda Hospital. All Rights Reserved.